福知行政書士事務所


家系調査・家系台帳作成サービス

 ご存知ですか? 貴方のご先祖様の記録が処分され始めています。
 正確には、除籍簿が処分されています。
 除籍簿とは、婚姻や死亡により、一つの戸籍から人がどんどん抜けて誰もいなくなった戸籍の抜け殻のことです。戸籍簿は除籍簿として保管されるのです。この除籍簿の保存期間が戸籍法という法律で80年と決められています。今、80年間保存されてきた、明治時代、大正時代の除籍簿がどんどん処分されているのです。
 戸籍簿の中から誰もいなくなり、除籍簿になったとはいっても、その中にはご先祖様の記録がちゃんと残されています。その記録が処分されようとしているのです。なんとも悲しいことではありませんか?誰でも自分のご先祖様のことを少しでも知りたいと思うものです。しかし今それを知る術が断たれようとしているのです。ご先祖様の記録が消えてしまう前に、今のうちに調査をされることをお勧めします。
 戸籍の調査により、ご依頼人様を含め、およそ5世代〜7世代くらい分が記載されます。(なお、各家々によって差が出てきます。)行政書士は国家資格者であり、守秘義務があります。民間の業者とは違い、情報漏えいなどの心配がなく、安心してご依頼頂けます。また、当然のことながら、家系台帳には事実しか記載しません。

 家系調査のために使用した戸籍・除籍簿も、ご依頼主にお渡しします。戸籍や除籍簿は無期限で有効ですので、大切にとっておけば必要になったときにいつでも使うことができます。なお、原則としてご依頼者の直系の先祖を記載します。その他に依頼者本人、依頼者の兄弟姉妹、親の兄弟姉妹、子、孫等です。記載される内容は氏名、出生日、生誕地、亡くなられているご先祖は命日、没地等です。
 家系台帳の作成には
2ヶ月程度のお時間を頂いております。また費用は、戸籍取得代などを含めて50,000(消費税別)です。
 まずはお気軽にお問合せ下さい。

 

行政書士は、法律によりお客様の秘密を守る義務が課せられています。
どうぞ安心してご相談ください。


TOPへ戻る


福知行政書士事務所 代表 福知基弘
 

 

inserted by FC2 system